SiteMap

防湿加工をして鉄製品の錆を防ぐことが可能

光学レンズ

鉄は空中にある酸素や水分と結びついて酸化します。金属を空気に直接触れさせなけらば錆は防ぐことはできます。鉄製品はあらゆるところで使われていて、加工がしやすく耐久性もよく見た目も良いので、様々な用途で使われることの多い材質です。ただ防湿対策を怠ってしまうと、前述したように空気中の酸素や水分と結びついて酸化が始まって見た目も悪くなり、機能にも影響する可能性があります。そこで鉄と空気と酸素を結びつけないためにどのようにしたらよいのか選択肢があります。
一つ目は空気を断つ方法ですが、こちらに至っては物理的に無理なので二つ目の水分を断つという方法です。こうすれば防湿効果が得られるので錆を防ぐことが出来ます。その加工の代表的な物がフッ素コーティングでありとあらゆる金属に施されている加工方法です。身近なもので言えば、フライパンで表面に薄いフッ素コーティングがされていて、焦げ付かなくなったり、くっつきにくくなったりして使い勝手も良くなります。
撥水性もよく防湿効果も期待できるので錆を防ぐこともできます。身近な所で色々と使われている鉄製品ですが錆てしまっては使い物にならなくなったりしてしまいます。その為には表面をフッ素コーティングして製品を長持ちさせる事がとても大事です。

topics

工場

こげつかないフッ素加工の鍋は防湿処理によって錆びにくい

食材がこびりつかず、使った後の洗浄も楽なことで大人気のフッ素加工の鍋やフライパンは、耐久性の面でも優れた製品が多いです。フッ素加工製品は、フッ素コーティン…

MORE ▶