SiteMap

こげつかないフッ素加工の鍋は防湿処理によって錆びにくい

工場

食材がこびりつかず、使った後の洗浄も楽なことで大人気のフッ素加工の鍋やフライパンは、耐久性の面でも優れた製品が多いです。フッ素加工製品は、フッ素コーティングによって表面加工された調理器具で、食材などがこびりつかないのは、この加工のお陰で非粘着性という特性を付与されているためです。
しかし、フッ素コーティングによって与えられる特性はこれだけではなく、防湿性も同時に備わっています。金属の製品は、何の加工もしていない状態では、水と酸素と反応して錆が生じ、もろくなってしまいます。調理器具も例外ではありません。そこで、フッ素樹脂で表面をコーティングすることにより、水分をブロックし、錆びの生成を防止するのです。
今まで使っていた鍋が使えなくなって新調するとしたら、取っ手が取れたり何らかの事情で形が歪んだり、様々な事情があるでしょう。しかし、錆びでボロボロになって使えないからという事情は、最近では殆ど見聞きしなくなりました。それは、フッ素コーティング加工されて、防湿対策ができている鍋が増えたことも、背景の一つと考えられます。
非粘着性のお陰で食材のロスや洗浄に使う水や洗剤が減り、更に、防湿性の付与によって鍋の耐久性が向上しているのですから、フッ素コーティングのお陰で鍋のコスパは随分よくなったと言えるでしょう。

topics

工場

こげつかないフッ素加工の鍋は防湿処理によって錆びにくい

食材がこびりつかず、使った後の洗浄も楽なことで大人気のフッ素加工の鍋やフライパンは、耐久性の面でも優れた製品が多いです。フッ素加工製品は、フッ素コーティン…

MORE ▶